読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Database JUNKY

MySQL,MariaDBを中心としたブログです

MySQL:レプリケーションエラーをスキップする

日々の運用の中で、レプリケーションエラーが発生した場合、原因が分かっているものは、とっととスキップさせて先に進めたいですよね? そんなときには、SQL_SLAVE_SKIP_COUNTERを設定することでレプリケーションのエラーをスキップすることができます

Fire TV Stick

Fire TV Stick

MariaDB&MySQL全機能バイブル

MariaDB&MySQL全機能バイブル

Mariadb Essentials

Mariadb Essentials

mysql>
STOP SLAVE ; 
SET GLOBAL SQL_SLAVE_SKIP_COUNTER=1; 
SELECT SLEEP(1); 
START SLAVE; 
SHOW SLAVE STATUS\G

一方、MariaDB 10.X でのマルチソースレプリケーション環境下でのエラースキップの場合は、以下のような感じで行うことができます

mysql>
SET @@default_master_connection='<対象レプリケーション名>'; 
STOP SLAVE; 
SET GLOBAL SQL_SLAVE_SKIP_COUNTER=1; 
SELECT SLEEP(1); START SLAVE; 
SHOW SLAVE STATUS\G

以上、そんな感じで

f:id:hit10231023:20160510153222j:plain